ポジティブ学級日誌

    enjoy climax

    

RPGツクールフェス 遊んだ作品その2

ツイッターで書いたやつ
文字数とかの制限で呟いた方と、ちょっと区切りとかが変わってます

『ホワイトアウト』と『ラッツのなんでも屋』

web拍手 by FC2

 


『ホワイトアウト』感想①
パズルがすごい、だけではなく魔石云々でシナリオにも合ってるしテンポも良い
他にもミニゲームがあったり、謎解きがあったりで楽しかった
自作システムを演出にも使うのめっちゃ好き
最後のやつ、進んでくだけでもぐっとくるのに、
振り返って思い出したり、広がっていったりで本当に素晴らしかった

『ホワイトアウト』感想②
他は「■■」の演出が好き。ぞっとさせられる。絵も怖い
ラスボス倒した後であんな絶望感与えられるとは思わんかった
そのぶん先述したイベントが輝いてた

『ホワイトアウト』感想③
キャラクターも敵味方みんなイキイキしてるし見せ場もあるしで印象強い
若干影が薄かったかなと思うのはニコの父親(義理)と三銃士の人(鎧じゃない方)くらい
三銃士の人とはもう一戦くらいあっても良かったかも
鎧の人は謎の強キャラ感があって印象強かった。性別は予想通りだったぜ!

『ホワイトアウト』感想④
トリガーさんは最初出た時に「ゼット枠だ!」と思ったけど結構常識人だった!
ロマン武器好き。ニコ戦では助けられました

『ホワイトアウト』感想⑤
システム、シナリオ、キャラ、演出などなど
あらゆる面で隙のない良作でした





『ラッツのなんでも屋』感想①
序盤から色々自由にプレイできるのが楽しい
放り出しスタートで、いきなり大量のサブイベントが待ち受けてるから
最初は若干混乱したけど、橋がかかったあたりで慣れた

『ラッツのなんでも屋』感想②
メインっぽいイベントで得られる評判が多いので、
フラグ発生のための評判をサブイベントでコツコツためて、メインを進めてくって感じになる
なのでストーリー性も中々あった。終盤のイベントがかなり熱い
エンディングも好き。ノーマルもトゥルーも両方ぐっとくる

『ラッツのなんでも屋』感想③
戦闘は一風変わったバランスで楽しかった
ボス戦でも状態異常を活かせる場合があるのがええ
バルムンクが頼りないけど頼れる。仲間キャラもそれぞれ個性が強かった

『ラッツのなんでも屋』感想④
けどウインディアがめちゃくちゃ強くて、終盤はほぼ彼女しか使ってなかった
攻撃力アップの魔石2つとブーメラン装備させたら狂戦士のおっちゃんがお役御免に……
でもおっちゃんは仲間になった直後はめちゃめちゃ頼もしかった

『ラッツのなんでも屋』感想⑤
OPがないのと、いきなり「何をすれば分からない」状態になるのと、
村人たちのメタいセリフが序盤の枷になってるかなという感じがした
ちょっとプレイすればすぐに気にならなくなるけど、やっぱりコンテストとかだと不利になるのかも
序盤で投げるには勿体なさすぎる作品だし、出だしにもうちょい筋道を立ててほしかった

『ラッツのなんでも屋』感想⑥
序盤を乗り越えれば明確な目的をもってプレイできるようになるし、
フリーシナリオといっても無責任なものじゃないのが良かった
随所にあるメタルマックスのオマージュも好き
最後まで楽しくプレイできたぜ!



関連記事
スポンサーサイト
この記事のタグ ゲームRPGツクールフェス

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する