ポジティブ学級日誌

    enjoy climax

    

RPGツクールフェス 『ゲンキ・ツクール』裏設定2

その2(脇役たちの設定)

web拍手 by FC2

 


仲間キャラ以外の詳細


『エヴァー』

シルバーゴーレム戦で共闘した人。悪天候の中、毒矢を命中させた。
サブイベントをもっとたくさん用意する予定だったけど、
必要なくなったから最初のイベント以外全部没になった。
ランダムで各地に現れ、アイテムを買い取ってくれるキャラになる予定でした。
北部で名前が広まっているため、それなりに実力はある様子。
異名は「疾風のエヴァー」




『ジェシカ』

シルバーゴーレム戦で共闘した人。ナムルやディエスと一緒に魔法を放った。
諸悪の根源「シルバーコインズ」の創設者。スロットの調整難しいんじゃ。
北部に店を出せるあたり、結構やり手なのかもしれない。




『ガリージャンプ・オオトロ』

オオトロ財団の会長。
女神教団と機神教団に資金を提供し、代わりに財団のために働かせてたりしてる。
北部の治安のため、もとい利益のためにはどんな手段も厭わない。
妻とは死別。娘は長女の「シャリステラ」と次女の「シャーロット」
シャリステラの方は、厳しい教育に耐えられず、金品を持って家出してしまった。
名前の由来は、大トロ→ガリ→竜騎士→ジャンプ→「ガリージャンプ」
シャーロットの名前は、うちにあるマクラの名前から。




『ミルフォード』

女神教団のリーダー。兄がいる。




『アルギエバ』

機神教団のリーダー。人間らしからぬ雰囲気を持つ。




『デンデン・ムシムッシ』

偉大なる魔物研究家として名前が知られている人。
各地に弟子がいる。「Dr.ボーン」とマブダチ。
魔物についてめっちゃ聞かれるのがウザくなったからアイスピラミッドに引きこもった。
元々はDS+で製作していた「偽物の太陽2」に出てくるキャラ。




『ルディーニ』

魔王を討伐した勇者。本編には名前のみ登場。
東の大陸出身。仲間たちとともに魔王軍と戦い、
幹部の「フレイム」「ダイジーム」「セオネア」を倒し、魔王も討った。
その後、行方不明となる。




『アーマッド』

魔王軍幹部の1人、「大地のアーマッド」
身体能力だけでは幹部はおろか、魔王すら凌駕するほどだが
先の大戦でセオネアに利用され、力の大半を奪われる。
最後は女神教団と機神教団に追いかけまわされ、モリモリに討たれた。
女性。




『ダイジーム』

魔王軍幹部の1人、「幻水のダイジーム」
水の力によって姿を変えたり、傷を癒したりする厄介なヤツ。
ルディーニに討たれたと思われていたが実は逃げていた。
その後、テオドールに騙され、彼に協力することとなる。




『フレア&テック』

魔王軍幹部の1人、「終焉のフレア」
「終焉のフレイム」がルディーニに討たれてしまったので後釜として
一番の部下だった彼女が幹部になった。テックはフレアの部下。
幹部になったはいいものの、相応の実力を持たないことに悩んでおり、
守護者の力を取り込んでパワーアップしようと目論んでいた。
フレアが倒されたことにより、テックが3代目フレイムとなる。




『ヴィルヴェロス』

魔王軍幹部の1人、「旋風のヴィルヴェロス」
幹部の中で最も残虐非道だと言われている。
人間はおろか、味方の魔族すら殺してしまうので、誰からも恐れられていた。
魔王が討たれ、彼を制御できる者がいなくなり、
各地で殺戮を繰り返していたが……。




『セオネア』

魔王軍幹部の1人、「天知のセオネア」
仲間になる予定だった人。詳細は前の記事で。




『ニーナ』

魔王軍幹部の1人、「三日月のニーナ」
魔力は魔王に次ぐレベルで、闇の扱いに関しては魔王を超える。
魔族の軍団を率いていたが、ルディーニと直接戦うことはなかった。
魔王復活に向け、どこかで活動しているらしい。本編には登場しない。




『イワン』

魔物ギルドに認められた4人の魔物使い、通称「テトラマスター」
その内の「ドラゴンマスター」が彼。
かなり老けているが実年齢は15歳で、顔のことを言うとキレる。
人間によって竜が迫害されるのが許せず、人類を滅ぼそうとしていた。
ストーンドラゴンの「りゅうぽん」が相棒。
モリモリにボコボコにされたあと、改心した。




『ネネ』

ゴーレム研究家であり、テトラマスターの1人、「ゴーレムマスター」
帝国所属。直接顔を合わせたことはないがネムと交流があり、
ゴーレムの作り方を教えたり、ドラゴンゴーレムを売ったりしていた。
シルバーゴーレム戦で助言をくれたのは、人間とゴーレムとの戦闘データが欲しかったから。
古代遺跡の文献を解読し、シルバーゴーレムまでは作成できるようになったが、
ゴールドゴーレムだけは作ることが出来なかった。
ダイジームに唆され、テオドールの駒として働くこととなる。




『サヤ』

テトラマスターの1人、「ゾンビマスター」
ゾンビを愛していて、いつか自分の研究所を持つのが夢。




『オーガマスター』

テトラマスターの1人、本編には登場しない。女性。
伝説の生き物「オーガ」を使役しているともっぱらの噂。
名前は忘れた。ノートに書いてあるけど確認するのが面倒くさい。
テトラマスター4人の名前は、ドラクエ7のグリンフレークからとった




『シオドキ』

62歳。
元々はDS+で作成していた「偽物の太陽2」に出るはずだったキャラ。




『トースト&バタール&おちゃづけ&カブトムシ』

バカ4人。
DS+で作成した「偽物の太陽」のイベントを再利用した。




『話の分かる兵士』

グッド……ラック……!
序盤のちょっとしたキャラが終盤で再登場するのって、よくない?




『女神』

世界を作り出した神。案外フツーの人。
基本的に人間の味方だけど、迂闊に力を使うと世界が滅びかねないので
天使を派遣するなりして手助けしている。2034歳。




『テオドール』

女神と共にゲンキ・ツクールの世界にやってきた人物。
女神の作った世界を激しく嫌悪しており、消滅させてツクり直そうと企む。
世界を形成する「神の石」に、古代の魔導回路を接続、
さらにそこへ自身の力を混ぜ合わせ、禁忌の魔道具「ツクールフェス」を作成
魔導商会ゴアを乗っ取り、「ツクールフェス」を世界中に知らしめ、
あえてゴアを封印することで「力のある者」を見つけようとしていた。
なぜ世界をそこまで嫌うかは、別の作品にてそのうち。




以上!
次の記事に続く!

関連記事
スポンサーサイト
この記事のタグ ゲーム

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する