ポジティブ学級日誌

    enjoy climax

    

今際の国のアリス 感想

いま読んでる漫画
麻生 羽呂の「今際の国のアリス」の感想

web拍手 by FC2

 



元々はサンデーSで連載していた作品なのですが
何度か少年サンデーに短期連載を掲載させた後、サンデーSから移籍してきたという異例の作品です

どんな話か簡単に説明すると、デスゲーム物です

主人公、アリスが突然『今際の国』と呼ばれる世界に送られてしまい
そこで生き抜く為に様々な『げぇむ』に参加していきます

と、まあよくあるデスゲーム物みたいな感じなのですが
この作品はキャラの心情、成長にかなり重きを置いているといった印象です
ゲーム自体も良いけど、それを通じてキャラが精神的に成長していくのがとても面白いです
悪役や、殆どモブ扱いだったようなキャラにまで成長物語があってとても良いです

あと『げぇむ』の設定がワクワクしてくる感じで良いなぁと思った点
『げぇむ』はトランプの札によって難易度が表されています
スペードなら肉体タイプのゲーム、ダイヤなら頭脳タイプのゲームといった感じ

例えば、『すぺぇどの5』なら肉体タイプで難易度は下から5番目、ってなります
これが凄い面白いんですよね。色々想像出来て楽しいです
こういうのってなんかワクワクしてきませんか?


最後に、この作品で一番良いと思った点は読後感
1つの話が終わった後はいつもなんとも言えない感傷的な気分になります
特別編の『だいやの6』のラストは特に好き。というか特別編のラストは毎回素晴らしいです!

今際の国のアリス、よくあるデスゲーム物なのですが
完成度が非常に高くオススメです
10月6日からOVAがTV放送されるので興味のある方は是非見てみてください





サンデーGXで今際の路のアリスも連載しています

関連記事
スポンサーサイト
この記事のタグ 漫画感想今際の国のアリス麻生羽呂

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する