ポジティブ学級日誌

    enjoy climax

    

下町ロケット 感想

「お前には夢があるのか?オレにはある」

先日読んだ本
池井戸 潤の「下町ロケット」の感想

web拍手 by FC2

 



半沢直樹こと、オレたちバブル入行組でお馴染みの池井戸潤の作品


研究者の道を諦め、町工場を継いだ主人公が
特許侵害の訴訟や特許を巡る争いなどに立ち向かっていく話


水素エンジン、バルブシステム、訴訟、特許侵害などなど
少し難しい単語がちらほら出てきますが詰まることなく読めました

オレたちバブル入行組でもそうでしたが
難しい話が主軸のはずなのに凄く分かりやすいです
長い解説があったりする訳でもないのに不思議だ


今作は前半と後半で話が分かれている様な感じでした

前半は訴訟問題や資金繰りに苦しみながら戦っていく話
後半は特許を巡る争いや、夢の話

どちらも一貫して中小企業VS大企業!みたいな感じなのですが
前半後半で大きく雰囲気が変わっていて面白かったです


半沢直樹よろしく徹底した勧善懲悪な話で後味の悪さが全くないので
すっきりしたい方や前向きな話を読みたい方にお勧めしたいです




殿村のキャラが良い!
佃に徐々に認められていくのがぐっと来ました

関連記事
スポンサーサイト
この記事のタグ 池井戸潤感想下町ロケット

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する