ポジティブ学級日誌

    enjoy climax

    

フリーター、家を買う。 感想

さっき読み終わった本
有川 浩の「フリーター、家を買う。」の感想

web拍手 by FC2

 





就職先を3ヶ月でやめて自堕落に暮らしていた主人公が、
母親の病気をなんとかするためにバイトや職探しをしていく話


タイトルは『フリーター、家を買う。』で、職探しが大筋なのですが
主人公の母親がかかってしまった精神病についても詳しく描写されています

例えば病気になってしまった原因についてだとか
病気に一切理解がなくて現状を悪化させ続ける家族の存在だとか


タイトルだけ見るとフリーターが奮起奮闘する前向きな話なんですが
病気だったり世知辛い世の中だったりで結構重いです

それらをなんとかしていく話だからやっぱり前向きな話だけどね


面白いなぁと思ったのは、主人公の父親、誠一の存在
上記した『病気に一切理解がない家族』というのは誠一のことで
ほぼ全編に渡って彼に苦しめられることになってしまいます


なら彼はこの物語の悪役なのかと聞かれたら、そうでもない

主人公に協力してくれる場面もあるし、母親を気遣うようになったりもします
ラスト直前では僅かだけど改心しているような感じもあったし
この物語は主人公だけじゃなくて、誠一の成長劇でもあったんじゃないかなと思いました

そういう点もあり、ラストは希望に繋がっていく感じになってて良かったです



ちょっと気になったのは口論する場面

主人公の姉が誠一と言い争ったり、主人公が近所の人を言い負かしたりするような
そんな場面がわりとあったんですが

なんとなく出来すぎてるような気がして違和感がありました
凄く創作チックな感じというか、なんというか
スカッとする展開のはずなのにどうもモヤモヤするみたいな

レインツリーの国とか塩の街とかでもこういうのが気になったので
ただ単にこういう展開が自分に合ってないだけかも知れません


全体として見るとかなり面白かったです





解説でも言われてたけど豊川のキャラが良い

関連記事
スポンサーサイト
この記事のタグ 感想フリーター、家を買う。有川浩

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する