ポジティブ学級日誌

    enjoy climax

    

天地明察 感想

さっき読み終わった本
冲方 丁の「天地明察」の感想

web拍手 by FC2



江戸時代の話で、
渋川春海という実在していた人物の生涯を書いた作品

読み始めて、いかに自分がいままで時代小説を読んでいなかったか思い知らされましたw
慣れない単語がどんどん出てくるので読むのにいつもの倍くらい時間がかかったかも

でも話は分かりやすくまとめられていて、
読み進めていくのには苦労しましたが、話がどうなってるか分からなくなる、ということはありませんでした

キャラクター……というか実在していた人物なんですが
それらがみんな強い個性を出していたため
『いま、誰が何をしているのか』というのも非常に分かりやすかったです

一番強烈だったのは、建部伝内と伊藤重孝だったなあ

あと、作中でかなり大きく時が動くから人物の変化も楽しめた
というか『えん』だね
物語終盤……というかラスト直前の春海にもちょっと感動した
建部と伊藤がいたからこその演出だよなー


勉強にもなったし面白かったです
なんと漫画化もされてるらしいので、どっかで見つけたらそっちも見てみようと思います





こういう感じで日本史を勉強していこう

関連記事
スポンサーサイト
この記事のタグ 感想天地明察冲方丁

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する