ポジティブ学級日誌

    enjoy climax

    

新参者 感想

もう、彼女は語れない。
彼が伝える、その優しさを。悲しみを、喜びを。


さっき読み終わった本
東野 圭吾の「新参者」の感想

web拍手 by FC2


加賀恭一郎シリーズの第8作目
自分はこのシリーズは他に「どちらかが彼女を殺した」と「私が彼を殺した」を読んでます


形式としては以前読んだ、誉田哲也の「ヒトリシズカ」のような連作短編ミステリー
ただし内容は大きく違っています

ヒトリシズカは終始暗い感じのダークなミステリーでしたが、
新参者は人と人との繋がりを全面的に出した、人間ドラマのような構成
というかこの作品ドラマ化されてるみたいですねw


全部で9つの短編が収録されていて、
一つの殺人事件を軸に加賀刑事があちこちで聞き込みをしていき、
その度に色々な他の問題を解決していくみたいな感じ

個人的に好きなのは3つ目の話「瀬戸物屋の嫁」
初めからギスギスとしていた感じがあったんですが
最後でほっこりさせられました


一つ一つの話はきちんと完成されていてどれも面白いのですが
一番重要な殺人事件に関しては終盤になるまで
動機や凶器、容疑者などがほとんど明かされないので
最後の方はなんか取って付けたような印象がありました
上杉刑事の話は良かったんだけどね



義理や人情をテーマにした話は心にくるものがあって凄く好きです
短編はどれもスッキリする話ばかりなのでどんな人にでも勧められるかも

新参者、面白かったです





そうそう、作中にコマが出てくるんだよね
僕はベーゴマは回せるけど普通のコマはやったことないので回せません

関連記事
スポンサーサイト



この記事のタグ 感想東野圭吾新参者

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは。

自分も「新参者」読みましたよ。
面白いですよね。

単に事件を追うだけでなく、
事件に関わった脇役をフォローする加賀刑事が素晴らしいと思いましたよ。

神崎和幸 | URL | 2013年12月09日(Mon)18:56 [EDIT]


>神崎和幸さん
こんばんは!
コメントありがとうございます

加賀刑事は本当に良いキャラクターですよね
自分はまだ加賀恭一郎シリーズは三作しか読んでいないので、早く他のシリーズも読みたいですw

ざぶとん | URL | 2013年12月10日(Tue)20:31 [EDIT]