ポジティブ学級日誌

    enjoy climax

    

オレたち花のバブル組 感想

やられたらやり返す! 倍返しだ!!

さっき読み終わった本
池井戸 潤の「オレたち花のバブル組」の感想

web拍手 by FC2




つい最近読んだ、「オレたちバブル入行組」の続編。2巻ですね

ドラマではこの巻まで放送したと聞きました
じゃあドラマ見た人の話についていけるなー
原作とドラマとで内容変わってたりしてたらちょっとアレだけど


今回は債権回収ではなく、ホテルの再建の話
例によって色々な陰謀が絡んできたりするのですが
読んでみると全巻がそうだったようにやっぱり分かりやすい

今回面白かったのはキャラクターですね

主人公の半沢は相変わらず一切ブレない姿勢で読んでて気持ちがいいし
今回、もう一人の主人公である近藤の葛藤なんかも胸にくるものがある

それからなんといっても強烈なのが、黒崎
物語中盤から終盤辺りで登場する、金融庁検査官の黒崎なんですが
口調が、まさかのオネエ言葉
それでいて中々頭が切れたりと、食えない人物ですw


今回、追い詰め方がちょっと控えめになってたのは残念かも
それだけ前巻の半沢の追い詰め方は凄かった
前巻だと相手に絶望を与えてたんだけど、今回は屈辱を与えてたよね

まあでも前巻はちょっと相手が可哀想かも知れないとも思っちゃったし
反撃はこれくらいがちょうどいいのかも知れませんね
(というか前巻は半沢が悪役っぽく見えたw)

オレたちバブル入行組と同じく、
オレたち花のバブル組も面白かったです!





出番は少ないけど、花も面白いよね
自宅検査の場面は印象的です

関連記事
スポンサーサイト
この記事のタグ 感想池井戸潤オレたち花のバブル組

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する