ポジティブ学級日誌

    enjoy climax

    

ストロベリーナイト 感想

さっき読み終わった本
誉田 哲也の「ストロベリーナイト」の感想

web拍手 by FC2




うーん、エグい話だ


ミステリーなんですが、ミステリーには珍しく
キャラクターがどれも凄く個性的なんですよね

とぼけてるようなキャラがいるんですが
こいつがもうライトノベルのキャラかってくらいふざけ倒してて
でも「あれ? 実はこいつ出来る奴なんじゃ――」って思わせる場面もあって
解説でも言われてたけど「やっぱりただの馬鹿なんじゃ……」って結論づけさせるのが面白いw

これが脇役の一人って言うんだから凄い
まぁ中には影の薄い人物もいるっちゃいるんですが、
基本的にほとんどが濃いです
ミステリーにしては珍しいよね。それとも僕が知らないだけでわりとみんなそうなのかな


キャラクターが濃くて面白いのとは対照的に、事件は物凄く狂気的
物語序盤で死体が発見されるのですが
これがもう内臓を抉り出されるように切られていたりとエグい

更には、事件の動機や真相なのが徐々に明かされていくのですが
これがまたエグい!

それから主人公、女性刑事の姫川の過去もかなり悲惨だったり
だけど彼女が刑事になるきっかけでもあり
回想の最後の方はは結構ぐっときます



あと、この作品で最も印象的だったのは勝俣という刑事の存在
『悪徳刑事』なんて呼ばれる人物なんですが、
これがまぁ、この勝俣のムカツクことムカツクこと!

とんでもなくイヤなキャラなんですよね
面白い濃いキャラを上記で挙げましたが、勝俣はイヤな方の濃いキャラ

でもキャラクターとして悪いとかダメとかそういう意味ではないです
一直線にイヤなキャラを貫いてて、変な話ですが逆に好印象でした
ほら、ゲスだけどなんか魅力的なキャラってよくいるじゃん?


でもラスト、勝俣についてちょっと補足されるのはいらなかったかなー
過去とかについては触れず、「ああいうキャラ」で通してほしかった
それでもいいキャラだったいうのには変わりないんですけどね




姫川主任かわいい

関連記事
スポンサーサイト
この記事のタグ 感想誉田哲也ストロベリーナイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する