ポジティブ学級日誌

    enjoy climax

    

終末のフール 感想

さっき読み終わった本
伊坂 幸太郎の「終末のフール」の感想

web拍手 by FC2





短編集みたいな感じですね
あと三年で小惑星が落ちてきて地球滅亡って時のお話です

面白いのは「小惑星が落ちる」って報道された直後のパニック状態の時ではなく、
それから数年経って落ち着いた頃の、小康状態の時の話ってところ

落ち着いてるような、諦めているような、そんな状況で
何人もの人達のエピソードが書かれています


もちろん終末なわけで中には事件が起こる話もあったりしますが
基本的にゆったりしているような印象でした。でも妙にリアル


読んでて個人的に好みだったのは「鋼鉄のウール」
ラストが良かったのは「演劇のオール」ですね


うーん、短編の感想は難しいな
ちょっと深く書いちゃうと結構なネタバレになってしまいそう

鋼鉄のウールは苗場さんというキャラというか彼の人生観が素晴らしかった
演劇のオールは出来すぎてる感じはあるけど綺麗な話でした

あと深海のポールの「自殺なんてしたらぶっ殺すからな」だとかも印象的


他の編の人物同士のちょっとした絡みみたいなのがあるのもなんか嬉しかったな
なんかそういうのって読んでて嬉しくなってきません?



終末のフール、面白かったです





なんとコミックスにもなっているとか
き、気になる!

関連記事
スポンサーサイト
この記事のタグ 感想終末のフール伊坂幸太郎

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する