ポジティブ学級日誌

    enjoy climax

    

13階段 感想

さっき読み終わった本
高野 和明の「13階段」の感想

web拍手 by FC2




死刑囚の冤罪を晴らす為、
刑務官と前科者の二人が頑張る話


刑務官の南郷、仮釈放中の青年三上の二人の掛け合いが好きでした
仲が良い感じが凄い伝わってきました
怪しい人物を尾行してる時など真面目な場面でもふざけあったりしてて微笑ましかったです

本筋も見事で、死刑制度、己の犯した罪などに苦悩しつつ事件を解く鍵を探していくんですが
苦悩しているシーンがいい。南郷も三上も人間味のあるキャラしてたと思います

事件の真相にも驚き
更には最後の最後で三上の過去が明かされるなど
読んでて飽きることがありませんでした


読む前は「かなり重い本だ」って言われてたけどそんなことはなかったように思えるなー
確かに死刑制度とか法律についてだの長々と書かれてる部分はあったけど
結構分かりやすいし読みやすかったです

本筋の方も南郷と三上の掛け合いのおかげで明るくなってた感じ
流石に最後の方は暗かったけどね


この13階段、映画化されているようなので暇があったら見てみようかと思います
かなりオススメの一冊です





これデビュー作なのか!
す……すげぇ!!

関連記事
スポンサーサイト



この記事のタグ 感想13階段高野和明

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する