ポジティブ学級日誌

    enjoy climax

    

ひまわり事件 感想

さっき読み終った
荻原 浩の「ひまわり事件」の感想

web拍手 by FC2



タイトルには「事件」とありますがミステリーではなく、
全体的に、ほのぼのとした雰囲気のでした

幼稚園と老人ホームの話

ザックリあらすじを説明すると、

大人の事情で幼稚園と老人ホームが統合され、
大人の事情で園児と老人が振り回される。そんな話


園児も老人も現実的で面白かったです

物語によく出そうな、
純真無垢な子供と優しくて心の広い老人

そんな人物はおらず、
自分勝手な子供と、強情な老人を中心に物語は進みますw



読んだ感想としては、
子供の思考というか、突拍子もない考えだとか理屈が通じない感じが
凄くリアルに感じました。ああこんな子供いるよ! みたいな

老人側はちょっと地味な気がしました。おトキ婆とかは印象強いけど
小林とかは出さなくてもよかった気がします。見せ場もなかったし


欲を言えば、同作者の作品「神様からひと言」に出てきた篠崎
オイアウエ漂流記」に出てきた野々村みたいな
物凄く印象に残るキャラクターが欲しかったなー、と


この作者はキャラクターを作るのが物凄く上手い(というイメージがある)ので
そこはちょっと残念



前半はほのぼの、後半はちょっとした事が起こって……
といった感じに面白かったです

でも個人的にはオイアウエ漂流記や神様からひと言の方が好きです

逆に言えばクセのない作品なので
この作者ので初めて読むには向いているかも





全体的に明るい話ではありますが
老人視点も多いので、必然的に生死の話が入り込みます
結構悲しい場面も多くて、考えさせられます

関連記事
スポンサーサイト
この記事のタグ 感想ひまわり事件荻原浩

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する