ポジティブ学級日誌

    enjoy climax

    

ジェノサイド 感想

さっき読み終った
高野 和明の「ジェノサイド」の感想

web拍手 by FC2

ジェノサイド=大量虐殺や大量殺人


その通り、バイオレンスな話です
ジャンルはSFなのかな?

少しだけ「アルジャーノンに花束を」に近い部分があると思います


この話、主に三つの視点でストーリーが進んでいきます

病気の息子の為に戦う傭兵のイエーガー
ごく平凡な薬学研究生の研人
アメリカの研究所の上級分析官ルーベンス


他にもたまに主要キャラ以外の視点が挟まるんですが、それがイイ
オネカの話はとても切なかったです


こういうオムニバス形式の話全部に言えることなんですけど
それぞれの話がどんどん絡み合っていくところが最大の特徴ですよね

イエーガー編はまさにバイオレンスな戦地真っ只中の話
研人編は追っ手から逃げつつ、とある薬を開発する話

ルーベンス編はちょっとネタバレしないように説明するのが難しいので省略しますが
どの話も全くタイプが違うのにちゃんと全部面白い
一体この先どうなるのかも予測がつかず、一気に読んでしまいたい衝動に駆られました


ただ一つ気になったのは、全体的に日に対して批判的な印象を受けたところ
そういうのが気になる人には合わないかも知れません

あとイエーガー編の戦闘描写がとにかく凄惨
イエーガーの仲間の一人(日人)は少年兵を喜々として殺していくし
少年兵がそこに至るまでの惨い話が途中で挿入されたりします
それから現地の武装集団がどんなことをしているかも描写されたり


現人類の愚かさや残虐性について語る作品でもあった為
上記の話も必要なんだろうですが、とにかくエグいです
殺人が当たり前になってる場所が舞台になってますからね


そういった描写が大丈夫なら
物語の深みに入っていけるのでお勧め出来ます


また、ネタバレ回避の為に核心となる一点に触れませんでしたが
読んでいけば物凄く規模の大きな話だと気付かされます


ジェノサイド、面白かったです





イエーガーが出た時点で「おや」って思って
それからしばらくしてエレンが出てきてビックリした

某巨人漫画とは関係ないと思います
エレンはともかく、イエーガーって結構ありふれた名前なのかな?

関連記事
スポンサーサイト
この記事のタグ 感想ジェノサイド高野和明

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する