ポジティブ学級日誌

    enjoy climax

    

選ばなかった冒険 感想

かなり昔に読んだ
岡田 淳の「選ばなかった冒険―光の石の伝説」の感想

web拍手 by FC2



児童書です。小学校や中学校の図書室にあると思います


しかしこの「選ばなかった冒険」は非常に面白くて
今でもたまに読み返すくらい僕は好きです


まず、この作品はファンタジーです
主人公である小学生と、その同級生数人が
まるでRPGのような世界に入り込んでしまうところから話が始まります


ここまで聞いただけだと「冒険活劇」みたいな明るいイメージが湧くでしょうが
この作品、メチャクチャ暗い!


RPGというと、モンスターと戦います。生き死にの話です

選ばなかった冒険」では、生死や殺しによる葛藤などがリアルに描写されていて
登場人物達は苦しみながらも戦っていきます


「死」に向き合い、葛藤し、殺されない為に殺したり、命について考えさせられます


勇太というキャラクターが出てくるのですが
このキャラの扱いが凄く良いです

というかまず「選ばなかった冒険」の設定自体が素晴らしい



ゲーム、特にRPGが好きな人には強く勧めたい作品です
児童書ということでサクサク読めるし、内容も濃いので
是非、どこかで見つけたら読んでみてください!





これは当に名作だと思う

関連記事
スポンサーサイト
この記事のタグ 感想選ばなかった冒険光の石の伝説岡田淳

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する