ポジティブ学級日誌

    enjoy climax

    

オイアウエ漂流記 感想

オイアウエ!

荻原 浩のオイアウエ漂流記を読みました

web拍手 by FC2




オイアウエ漂流記。タイトルの通り、漂流物の話です
ではオイアウエとはなにか。それは読めば分かりますw

簡単にあらすじを書くと
旅客10名と機長、犬を乗せた飛行機が嵐で墜落し
無人島へ漂流するお話です


どんでん返しとか意表をつく展開はないのですが
サバイバル描写やキャラクターが濃く、王道ながら凄く面白かったです

特にキャラクターが漏れなく全員個性的

旅客と機長で11名いますが
どいつもこいつも忘れられないようなキャラをしていますw

影の薄い奴は一人もおらず
全員、何らかの形で活躍するのも凄い
一冊だけで11名(と1匹)全員にちゃんと焦点が当てられています

機長
出張中のサラリーマン
その上司の課長部長主任(女性)
そして彼らの取引先である会社の御曹司 兼 副社長
新婚旅行中の二人
旅行に来た、ボケかけの老人とその
トラブルメーカーの外国人


取引先の副社長、野々村が凄く良いキャラしてましたw

飛行機が墜落して島へ漂流した直後でも
「ハーゲンダッツない?」だとか空気の読めなさと間抜けっぷりを発揮して、
それを聞いたパワハラ部長が「早く取って来い!」と部下へ怒鳴りつける
と、序盤はそんなやり取りが多くて
野々村と部長にムカつかされたんですけど
読んでいく内にどっちもなんか憎めなくなってきます

特に野々村。序盤と後半で凄く印象が変わりました
彼の性格は全く変わらなかったのに


キャラクターがみんな個性的かつ人数が結構多いので
全く飽きずに読みすすめられました

話も王道ですが、きちんとサバイバルしてて面白かったです
定番中の定番、ヤシのみ割りとか


オイアウエ漂流記、是非どこかで見つけたら読んでみてください

それでは。オイアウエ!





読むと、ココナッツジュースやら果物が欲しくなると思います

関連記事
スポンサーサイト
この記事のタグ 感想オイアウエ漂流記荻原浩

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する