ポジティブ学級日誌

    enjoy climax

    

空翔る紅き竜


ドラゴンフライ

web拍手 by FC2






最近の学校っていうのはクーラーがついてるんですよ、教室やら図書室やらに
夏も終わりかけですが、気温は相変わらず高いんで毎日お世話になっています

とにかくクーラーのおかげで教室内は涼しいんですよ
クーラーがなかったらと思うとゾッとするね


そんなわけで学校へ登校して、僕はまず初めにクーラーの電源を入れます
いつも一番乗りなんでね


他の奴らが来る頃には教室内はもうカイジもびっくりするほどキンキンに冷えてて
僕を除く全員が教室で暑い思いをしなくていいってわけ
人知れず良いことしてるってことです。いや、自分が暑いのが一番大きいけど


クーラーが使える時期なら窓を開ける必要がないんですよ
だって開けなくたって涼しいからね。クーラーが使えない6月前半辺りは窓を開けちゃいます

で、窓を開けるとやってくるのがアイツら




僕、虫苦手なんですよ
どれくらい苦手かっていうと300%くらい苦手です

ナイフで刺されるかイモムシを握りつぶすか選べって言われたら
ナイフで刺されます。それくらい虫が苦手なのです
大きい小さいに関わらず全ての虫がダメ

アリはもちろん、小バエもダメ。天敵はチョウバエです


まぁ百歩譲ってハエとかならまだいいですよ。近づいてきたらヤバいけど
でも学校で! 窓から! 入ってくる! 虫というのはッ!


そんな生易しいものではないッ!



分かる人は分かるでしょう
窓から教室へと侵入してくる虫は、蛾やら蜂やらとんでもなくデカいハエやら

何故かキング級の災害レベル竜の震度7の厄介な相手ばかりです


経験者は語る――
   学校で窓を開けるということは、すなわち死を呼び込むということ


窓を開けるということはそれくらいやってはいけないことなのです





で、話を本題に戻すと



3時間目 英語


 教師「外涼しいね! クーラー消して窓開けようか!


ガラガラ


 トンボA「ヒャッハァァァァァァァァ!」

 トンボB「光だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

 蛾「イエェェェェェェェェェイ!」

 ハエA「ヒーハー!」 ハエB「祭りじゃあ!」 ハエC「派手にやろうぜ!」


押し寄せる軍団




天井には貪欲に光を求め電灯に体当たりを続けるトンボ

空中にはひらひらと鱗粉を漂わせる気紛れな斑の蛾

机の上には危険を省みず特攻を仕掛ける神風のハエ




この世は地獄と化した



 ハエ「さぁ…………」



 蛾「始めようじゃないか…………」




 トンボ「地獄のショータイムを――――」






本当に気が気でなかった。死を覚悟しました

関連記事
スポンサーサイト
この記事のタグ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する