ポジティブ学級日誌

    enjoy climax

    

book4


1Q84ってbook3までしかないのかよ……

web拍手 by FC2







最近更新が2日おきになってたから
ポケモンやる時間を割いて更新なんだぜ。ポケモンやりたいぜ


それはさておき



今日、4時限目『総合』でした
総合学習は前もって選んだ科目にずっと出れるよみたいな感じで
自分は『読書』の授業に出ています

一時間ずっと本読み放題。そしてチャイムが鳴るより微妙に早く終わる!
なによりDQNが一切いない! と素晴らしい条件なのですが

やっぱり授業は授業なんで、ある程度やらなきゃいけないことがあります

そう、感想文
本を読むなら感想文、これは鉄則なのです



で、僕がこれまで5時間(内欠席2時間)の間に読んだ本はというと

塩の街
1Q84 BOOK 1
1Q84 BOOK 2
1Q84 BOOK 3
アルジャーノンに花束を(今読んでる最中)

これだけ。あとは家で適当なライトノベル読んでたりしてますが
残念ながらインデックスの感想文を書く勇気を持ち合わせていないし、
そもそも授業で読んでないから感想には出来ないんですねー

塩の街は確かに面白かったけど、なんとなくご都合主義っぽいというか
最初はかなり絶望的な状況なのに、終盤は上手く行き過ぎてるように感じました
解決までに一悶着あったりするんですがどうもあっさりしてるように思えます

話はすごく良いんだけどね
恋愛チックなSFもの読みたいなら真っ先にこれと図書館戦争を勧めますよ!
現代物でもレインツリーの国があります。有川浩の作品は外れナシじゃないかと思ってます。
まだ3作しか読んでないけど


と、まぁ、とりあえず塩の街の感想は書かないことにして
1Q84の感想を書くことに決めます
アルジャーノンは今日読み始めたばっかりでまだ半分くらいしか読んでないしね


1Q84(ネタバレ反転)
初めは接点の無いように見える男女2人の話が章仕立てで、オムニバス形式で交互に進んでいく。
 章が進んでいくごとに関係性が明らかになっていき、
 すれ違いが生じ、読めば読むほどこの本に引き込まれていった。
 book3ではそこへ更にもう1人が加わり、
 3人の話に共通して現れる人物が出たり、
 3人が同じ街に集まったりと物語は核心へ迫っていく。
 book3の最後では遂に最初の男女2人が顔を合わせることとなる。
 book4はまだ買っていないが早く続きを読みたいと思う



感想を要約するとこんな感じ
ネタバレ嫌だ!って人に簡単に説明すると


『面白かった! 続きが気になる! 早くbook4買って読みたい!


早くbook4買って読みたい!
これが非常にマズイ


何を隠そう、book4は無いのである

book3で完結なのか、それともまだ続きが出てないだけなのか……
そんなことはともかく、今book4が無いのは明らかなのです
そして続きが出るかどうかも定かではない


早くbook4買って読みたい!


ああああぁぁぁぁぁぁ…………
もう感想文提出しちゃったよ!
どうか、どうか、先生が1Q84読んでませんよーに!

つーか、アレで終わりだったのかよ!
終わりだって言われれば確かに終わりだったけどさぁ

海辺のカフカで学習したつもりだったが、またやられたぜ……




book3のラストを見て欲しい
これ……続き出るよね?

いや、でも村上春樹だし分からんぞ……

関連記事
スポンサーサイト
この記事のタグ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【book4】

1Q84ってbook3までしかないのかよ……

まとめwoネタ速neo 2012年06月27日(Wed) 04:14