ポジティブ学級日誌

    enjoy climax

    

新しい趣味

FF32-2(友達)に勧められ

web拍手 by FC2


プレイ・ザ・ショウギ


なんて某武蔵伝のように言ってみましたが、ハイそうです 将棋です



FF32-2によると将棋は未だコンピュータによって解析とかされてないボードゲームで
あと数十年くらいしたら全部解明されちゃったりすると思うから今のうちにやらないと損だとか


で、大してやったこともない将棋をひたすらやってます


小学生の頃から将棋をやっているらしい32はいいけど
全然将棋なんてやったことのない僕(駒の動かし方は分かるよ!)はすごく弱い

10枚落ちで負けちゃうくらい弱い(でも妹には王だけで勝ったよ!)



それでここ数週間、色々将棋の戦法について教えてもらったり
実際に対局してみてコツを教えてもらったり特訓してました


FF32-2がいない時は、携帯の無料アプリで将棋やったり
家族と指してみたり


で、家族戦

とりあえず将棋を始めたばかりの頃、僕は「家族全員に勝つ」と目標を立ててみました



が、うちの家族はみんな弱い

祖母と妹は駒の動かし方すら知らないという始末
(ちなみに母は辛うじて動かし方だけ知ってたレベル)


勝ちに勝ちを重ねた僕は有頂天になります



そして父との対局


敗北


どうやら学生時代将棋をやってたらしく(暴走族が?!)そこそこ強いと自分で言ってました


父「俺は10手先を読んでるぞ!」


んなアホな



二戦目


も、敗北。一戦目から大分経ち、FF32-2から色々教えてもらってたのにも関わらず


やっぱり強いんだな。始めて数週間の僕が経験者に勝つなんて無理な話だったんだ




そして三戦目


まさかの勝利



というか、三戦目でようやく分かったけど
オヤジあんま強くないわ……



母、祖母、妹が弱すぎただけで、僕も相当な雑魚だったから今まで勝てなかったのです



ドラゴンボール(ナメック星行く前あたり)でいうと

妹……虫
祖母…一般人
母……餃子
僕……サイバイマン
父……ヤムチャ



だけど僕はFF32-2との修行によって、多分ラディッツくらいまで成長したのです。やったね!


父「あ! 詰みじゃん!」

僕「やった、勝った! 見てみて!」盤を持つ

父「ワーッ!」ぐちゃぐちゃにする



お前は子供か!



まぁ、勝ったことには変わりないですよね!
これで僕も将棋普通クラスまで到達しました。まだまだ達人クラスへの道は果てしないです

関連記事
スポンサーサイト



この記事のタグ 日常

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011年09月12日(Mon)07:10 [EDIT]


>非公開の方
僕もまだまだ弱いですからね、コツとかはよく分からないです
なにかしら戦法知っておくとそうでないとでは大違いなので
とりあえず簡単ななにかを覚えれば案外あっさり勝てるかも知れません

ざぶとん | URL | 2011年09月13日(Tue)04:48 [EDIT]